北大路枕のお遊び相談vol.10|東京 千葉 埼玉 茨城のキャバクラ・ホストなどの情報サイト『ドキポケ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーム >記事/コラム >北大路枕のお遊び相談vol.10

ドキポケS 北大路枕のお遊び相談vol.10 2016.02.20

  • 北大路枕
  • お悩み相談

勝負に負けて試合に勝つ

「お遊び相談第10回」錦糸町の“スケベパッキャオ”と呼ばれた恋愛ハードパンチャー「北大路枕」がその経験をもとに、読者の悩みに答える!

ペンネーム ワンナイトデブ(36才)職業◎焼肉屋


近々、友達が主催の合コンが開催され誘われていますが今まで彼女どころか一夜のアバンチュールすら経験したことがありません。別に合コンが苦手なわけでも女の子が嫌いなわけでもないですし、顔もイケメンでもなく不細工でもない普通だと思います。どうすれば楽しい合コンからのピリオドの向こうに行けるのでしょうか?


 

北大路枕の回答

 


はじめましてワンナイトデブさん。その気持ち超わかります。モテる奴はいつもモテてモテない奴は毎回割り勘要員ですよね。やっぱり合コンて男のメンツ集めから勝負は始まっているんですよ。例えば良く女子の幹事は自分より可愛い女の子は連れて来ないっていう都市伝説がありますが正にその通りで、幹事が可愛い子ならまだしも普通以下の顔面偏差値女が幹事だと「シャブばばあ」みたな面々引き連れてきて唯一知ってるカクテルのシャンディーガフ飲みまくりますからね(笑)


同じ論理で男性幹事も貴方が毎回何も起こせないから呼んでいるのではないのですか?それこそソコソコ女の子と喋れて盛り上げられるのにモテないなんてモテたい幹事からしたら最高の駒ですよ。なので自分が幹事をすることをお勧めします。


ちなみに私も最近、銀座で電通マンと合コンしまくっているかなりのハイスペック風味な姫達と合コンしまして、そりゃ楽しかったですね。もちろん野郎側全員が聖人君子な訳はなく私を含めた鬼畜銀河系軍団リアルマゾリード4人で戦ってきました。1時間前にドトールに集合し嘘偽りのプロフィールを熟考し三谷幸喜も真っ青の突っ込みどころ満載の台本片手にシャレオツなダイニングバーにて姫達の到着を待っておりました。期待と股間を膨らませ高そうなソファで台本の最終段取り確認していると合コン相手の姫達がキツメのルージュを強調しながら颯爽と登場。銀座と言うよりは池袋が似合いそうな出で立ちに我々鬼畜軍団は目配せをしプランCの割り勘作戦に決定。明らかこいつら分相応の相手と合コンしているプライドだけは高い、エリート達の肉便器にして自分たちの実力を解っていない自称モテ女と認定し作戦決行。乾杯からサイゼリアでは見たことのない高級ワインのメニュー表をみて注文しようとしていたので、さっさと却下してシャンディーガフを注文させて乾杯!ポテトの上に乗っているサワークリーム舐めまわしながら下ネタ連発のセクハラシュート乱れ打ち!今日はヤレnightと判断し、ドン引いてる女子には割り勘でマネーを請求し半端ない怒りを増幅。試合には負けたが勝負には勝った銀座の恋の物語でしたね。帰り際に姫の中の、顎でスキージャンプラージヒルが出来そうなしゃくれた一人が手を出してきたので、最後は気持ちよく「ありがとう」とノーサイドの意味で握手したら、「はぁ?タクシー代頂戴」(笑)財布から札と見せかけての「すき家のお味噌汁割引券」渡して帰ってきましたよ。何の話か分からなくなっちゃったよ(笑)とにかくフィールドに立たないとシュートは打てないので起ちたければとりあえずフィールドに立つことが絶対条件ですね。


良ければ一回私を合コンに誘って下さい!


 

北大路枕の結論

 


合コンは幹事になって自分で場を転がしてみるのが勉強! 誘われた合コンに行くなら相手によって作戦を立てて 自分たちで楽しんじゃいましょう!


 


 

■お悩み募集

あなたの「素人童貞思考なお悩み」を募集しております。採用者とはスナックで呑みながら色々とレクチャーいたします。
sano@genbunsha.com
までメールを送ってください。

PAGE TOP